庁舎建設は業者との話し合いが重要|庁舎が完成するまでの流れ

男の人

庁舎建設のステップ

男女

庁舎建設を決めたら、完成までにいくつかのステップを踏まなければなりません。建設の流れをイメージするために完成までのステップを確認してみましょう。
まずは電話やメールで構わないので、建物の設計図を作成してくれる会社に相談します。建物のイメージや予算、土地の状況などを伝えて、平面図や外観図を設計してもらいましょう。イメージや条件に合うか確認して、問題がなければ委託契約を結びます。契約を結んだ後は庁舎に関する細かい打ち合わせをすることになるので、遅くともこの段階までに新庁舎の具体的なイメージや注文を用意しておきましょう。その都度設計図を作ってもらい、納得がいくまで何度でも考えを練り直して下さい。細部まで設計が終わったら、複数の建設業者
に設計図を配布して、競争による見積もりを行います。最低でも3社以上見比べて、適正価格を提示してくれる条件の良い建築業者を選びましょう。庁舎建設は失敗すれば莫大な費用と時間が無駄になってしまいます。すぐに条件の良い業者が見つかっても契約せずに、必ず複数の業者を比較検討した上で決定して下さい。
建築業者と契約が済んだら、地鎮祭を行い、いよいよ建築工事に着工します。設計を依頼した会社が設計図通りに工事が進んでいるか随時確認、指導してくれているので、質問や要望があれば相談してみましょう。建築工事が終了したら、関係官庁の検査を受けます。ここで指導が入れば手直しをすることになります。全ての手直しが終われば建設工事完了となります。
設計図の作成も建築作業も、計画段階での話し合いが最も重要となるので、納得がいくまでじっくりと計画を練りましょう。

空き部屋

快適な事務所

貸事務所を見つける場合、インターネットで条件を絞り探すことができます。また、物件によっては家賃が高いことや初期費用が高い等の問題もあります。まずは条件の中で何が大切か決めて絞ることが大切です。

2人のレディ

利用しやすい会議室

一時的に事務所を設け、目的を果たしたいときには貸し会議室を選びましょう。時間単位で利用料金が決まるので、必要なオプション設備を備えてあらかじめトータルで掛かる料金を見積もってもらうことです。

空き部屋

安く始められる

居抜き物件が安く始められる理由は、設備が備わっていることにあります。居抜き物件を購入もしくは借りる際には、使える設備が多いか確認してみると良いでしょう。居抜き物件には損が少ないのです。

こちらもおすすめ

  • 明豊ファシリティワークス

    庁舎建設ならサービスやサポートが充実しているこちらへどうぞ。まずは役割が記載されているコンテンツを見ておこう。
  • officestage

    働きやすい環境がとても整っている賃貸オフィスは大阪で探し出してみませんか。詳細はこちらへアクセスしよう!